日々の事
by de_hond
<   2008年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
話の学校 talktalktalkSCHOOL
f0121120_912326.jpg

今日の学校は一日中聞き話まくりの授業でしたわ。
なので吸収したことが、いっぱいおっぱいあります。うほうほ!
Today's school was all day only talking and listing.
That's why I could suck in a lot of things!! UHOHO~!
                                                                 
カーリンの話でためになったのは、当たり前のようでなかなか実行にできないお言葉。
「ある時ね〜、なんか男の人が大きな水槽と沢山の石と共に立ってたの。変なの〜と思って見てたら、石を適当にその水槽の中に入れだしたのよ。ばたがたぼこーってね。そしたら2つの石が入らなかったの。それで、その人は、もう一度中身を取り出して、今度は大きな石を先に入れたのね。それから、順に小さな石を入れたの。すると、今度はぴったりその水槽に石が収まったのよ。そう、そういう事なの、プランというのは。私はいつも寝る前に明日の2つの大きな石が何か考えるわ。それで、できるだけ早くにそれを終わらせてしまう。すると、その日にしたかった事の大部分は片付き、変にエネルギーとられなくて済むし、いくつかの予定が終わらなくても、それは小石だから、大した事ではないのよね」

Very nice story from Karin. This is actually basically thinking way, but it's difficult if I want to do it in real.
"One day, I saw a guy who was standing with big box and many stones. I was cirrus about what he is going to do, So I stopped front of him. Then he start put stones in the box by inconsistent method way. When the box became full, he still had two stones less. So he put stones out again from the box. And he started put stones in the box with big size of stone. This time he could put all stones in the box. Yes it is. It is a plan! I always think about what is my two big stones for tomorrow, then I sleep. If you finished big stones as early as possible in your day, the less time of the day is no stress and no losing energy to think about your big worry. Maybe I can't finished some small thing in the day. But it's small stone. So it's not big problem."
f0121120_90578.jpg

「時間が無いというのは存在せず、優先する時間という時間だけが存在する」
geen tijd exist, allen priority tijd.
オランダのことわざらしい。
[PR]
by de_hond | 2008-11-28 09:13 | WdKA
モデル Model
f0121120_761752.jpg

昨日はハンガリー人のエレクトラちゃんに頼まれて、日本人の女の子をうちの学校に集めました。
五人で良かったのが、七人も集まりました。
なんだか周りが日本人だらけの学校なんて初めてで、すみれちゃんも私も大興奮でした。
というかオランダ人もみんなびびってたw
f0121120_7184766.jpg

Yesterday I gathered Japanese girls in my school because my friend Electra asked me. She needed just five people, but seven people came. nice.
So I and Sumire exsited very much with different environment that only Japanese around us in our school. Actually Dutch students also were surprising about it.
f0121120_7201528.jpg
f0121120_7222877.jpg
f0121120_7253528.jpg

[PR]
by de_hond | 2008-11-27 07:47 | WdKA
1984


現在日本語で「1984」著者:ジョージ・オーウェル、という本を読んでいる。ちょうど真ん中あたりまできた。しまった事に、この本を読み終わる前に、この本を原作とした映画を見てしまった。イメージ、特に映像とは本当に強いもので、いっきに自身で創り上げていたお話の中の世界観が、この映画によって染められてしまった。一度染められると、抜け出すのは中々難しいというか無理だ。主人公の顔や住んでいる部屋、このお話独自のテレスクリーンという人々を監視するマシーンのビジュアルが、ほぼ完璧に頭の中にイメージとして植え付けられてしまった。これは本を読むわくわくかんを半減以上減らすので、これから興味がわいて「1984」を知りたいと思う人は、本を先に読み終えてから映画をみることをお勧めする。

なぜ、この本を日本から取り寄せて読んでいるかというと、学校の課題だからという単純な理由。そして、毎週火曜の授業でこのお話について皆で討論するのだ。先週時間を間違えて、ミスってしまった私は、明日が初めての参加になるので、ここに思ったことをツラツラ書く。

*ねたばれあり

まずあらすじ。
時は1984年、世界は三つの地域(国)に分散され存在する。その中の一つの地域の世界のお話。主人公ウィンストンは、その自分の住む世界の状況に、疑問をいだきつつ生きている。しかし、そんな事一言でも口にしたら、というか顔にでも出したら、思想警察に捕まってしまうので、周りの人と同じように生きている。テレスクリーンから常にビックブラザーがみつめている。国にとってマイナスな歴史、出来事はすべてぬりかえられ、2+2=4と知っていても、答えが5にだってなることを認識しなければならない。

戦争は平和である。
自由は屈従である。
無知は力である。

この三つがスローガンであり、よって国は常に残りの2つの地域と戦争状態にある。そして、文学や日記をつける自由もなく、新語法といったシステムで、言葉を出来る限りシンプル使用させるために辞書をつくり、多様な表現・思想は犯罪となる。
それとは裏腹に、人間の欲望=人間らしさが残るウィンストンは秘密で日記をつけたり、さらには愛人までつくる。しかし、それが発端となり思想警察に捕まり、厳しい拷問をうける。思想警察は、思想犯を決して殺したりはしない。殺す前に、まず犯人の考え方を洗脳し、自分たちと同じにするまでは、拷問:マインドコントロールをつづける。それにより、全ての犯罪者は、国の考えに従い死んだ事になり、後に彼らの反逆の勇士をあこがれる者をでてこなくする。映画の最後にはウィンストンもその愛人で思想犯でもあるジュリア共々、完全にプロパガンダの世の中に溶け込み、真の自分自身をなくしてしまう。しかし最後にウィンストンが「I love you」というのは、ビッグブラザーに対してなのか、ジュリアに対してなのか、映画をみている人自身の思想で考えてねという感じで終わる。

映画をみていて思ったこと:
ソ連、北朝鮮、昔の日本、ヒットラー、象徴物のパワーと恐ろしさ、メディア、テロリスト、ブッシュ、小泉、中国、北朝鮮、金正日、オウム真理教、アート

感想ツラツラ:
私はよく洗脳されるタイプの人間だと自分の事を思う。相手がすごいパワーと説得力のある偏った意見を強く私に語ってきたら、よっぽど自分が捕われている考えている題材でなければ、その人の意見が頭を埋め尽くすであろう。
人間が社会を作ったのに、人間は社会の中で生かされている。そしてどこかの人間が社会をさらに作って行く。人間に生まれた限り、社会と関係せず生きて行くのは不可能なことなのだろう。
この映画のような世界に住みたくない、と思った理由は人間の欲求が満たされず、思想の自由が無い事が大きな理由であろう。思想どころか、行動もほぼすべて規制されているので、生きているという事実は無いに等しい。
現在でも中国では、インターネットの抑制があるし、日本でも学校のなどのルールはまるでプロパガンダに近い物が多々ある気がする。それに比べ、私の住むオランダを中心にここらのヨーロッパの情報は溢れかえり、ある意味危険である。この映画で文学や色んな思想を抑制させられるのには、それ自体にとても強い力があるからこそであり、私がアーティストとして一見、無意味無力にみえる私の行動にもパワーが潜んでいる希望を感じた。

戦争は平和である。という言葉に私は反対しないかもしれない。平和とは何か。戦争がないこと?なにごともなく、平穏なこと?戦争がこの世になかったら、平和という意識はうまれない。戦争あってこその平和なのである。そんなんだったら平和なんていらない。
平和=おだやか=のどか=気にかけないさま、のんき
平和=おだやか=穏当=すなおでおとなしいさま

前の日記で名前のことを書いたが、まさに名前はシンボルで格好を良くみせる。
ヒットラーも卍というロゴマークを作り、ポーズを決め、すべてを象徴的にし、一目をひいた。毎日見る、アイドルや芸能人に親近感がわく。スーパーで見かける有名ブランドの食べ物には自然と信頼性がある。

政治とかプロパガンダとか難しいと思っていたが、根本は単純なことなのかもしれない。
[PR]
by de_hond | 2008-11-25 11:01 | 映画
virend
実はこのブログ、非公開にして自分だけが見れる記事がたくさん潜んでいる。
はずかしすぎたり、自分のためにだけ、なんとなく、
非公開にする。
去年の今頃の日記を見ていたら、virendという詩?みたいのが潜んでいた。
なんかおもしろいので、今更だけど載せてみます。




あるところに、角砂糖がありました。

それは名古屋の、もう46年もやっている喫茶店の窓際の席のテーブルの上のステンレスのふたがついているガラスのポットに入っていました。

ガラスは角砂糖を外の敵から守り、きれいなままに守ってくれます。お外も見えて、なんてここち良いんでしょう。そして、角砂糖と違う存在なものなので、学べる事もいっぱいあります。

ぴきぴき

だけれども、そのかわり、角砂糖に自由は無いのであります。ガラスという壁が、角砂糖に外の世界の甘い素敵な旅の夢をみさせます。

むふん ふー

角砂糖の横にいる、ちょっと違う存在の茶色の角砂糖は、角砂糖より楽しそうに過ごしているようにみえます。でも実際は、ちょっと色が違うだけなのに。

きちゃちゃちゃん

あ、ステンレスの自由の扉が開いたよ、あいた。
にょきっとのびた、しなやかでピンクの貝の色の爪をした手が、茶色の角砂糖を外の世界へ招待した。私も同じ角砂糖なのに。たぶん普段の努力がたりないのかしら?茶色の角砂糖は楽しそう。

いいな       いいな
                                   そして さようなら

今日も曇りがちな天気です。でも、この喫茶店は若い人からおばあちゃんの軍団で、春のように楽しそう。

ぽぱぴぴぴぴ

あのね、角砂糖にとって宇宙は未知のみちみちみちな存在。喫茶店の中の世界がまるで宇宙なんですから。

しゅーーーーーーーーーーーーー
あ、ステンレスのふたが開いたわ。
                                                       くんくんくん

これはエスプレッソの香りだわ。

ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽわ〜ん

あら、私にそっくりでよく気が合う同じ色の角砂糖が、ごっつい手にもってかれてしまったわ。

ガタリンコっ

うわあ!!

なんだか体がおかしいの。
まるでまるで、ガラスになったみたいに自由なの。
そして他の角砂糖が下に見えるの。
みんな、どこへ行っちゃうのかしら?

ポチャ

あついあつい!!
こーんーにーちーわーーーーーーーーーーーーーーーー

このものすごい熱さと共に、私は何かと何かとくっついた。


私は角砂糖と角砂糖とエスプレッソなの。

そうなのね。そうよね、そういうことだったのよ。
私は、ガラスのポットにいるときより学んだわ。
そのあとは、スイートボーイの彼の口、首、お腹、お尻ってな具合に、軽々よ。
でも、そんな慌ただしい生活で得る物のが多いと思っていた。
でもでも現実は違う。
私は多くを失っていたんだわ。
そこは甘く真っ暗で、温かかった。
でも、そんなに世界は甘くない。
気がつくと、私はもっと真っ暗で、汚くて、色んなもの、いいえ、全てと一緒になったの。

どびょべべっびょどびょ

そうか。これが自由なのね。
本当の黒だって今ならみれるの。ブラックホールなんて人間が名付けているみたいだけど、そこに穴ぼこなんてないわ。
それは白よ。

びゃ


ガラスの中が恋しいわ。

くすくすくっしく

[PR]
by de_hond | 2008-11-24 09:37 | ヒマジン
YUKI スノウ
f0121120_8582093.jpg

ここ最近、オランダ在住の日本人の日記には雪の話題でわいわいだ。
あまのじゃくな私は、合えて雪の話題をさけようと思ったが、あえて話そう。
These day's popular topic of Japanese people who is living in Holland is about SNOW!
I am perverse person, so daringly I don't talk about it that what I though, but I do daringly.

今朝は、最近生活リズムがおかしいせいでまた、朝の10時に寝始めた。。。その頃は晴天であったが、昼の2時過ぎに起きた頃には一面ホワイティーーー!ひゃっほい雪だっす。
I start sleeping from 10am of this morning because of recent crazy my life rhythm.... At that moment, the weather was sunshine. But it was all white when I woke up around two o'clock of after noon. Hyahhooi snoW.

夕方頃、興奮がピークになり、久々に一眼レフの白黒フィルムカメラを片手に外へ。去年、雪とすみれちゃんの写真を撮った事を思い出し、今年も撮らねばと、徒歩3分のすみれ城へ。

雪  ぱしゃぱしゃ
しゃったー  ぱしゃぱしゃ

Around evening I went out with my analogue camera with black&white film which I long time didn't take. Because snow remind me that I took a picture last winter of snow and Sumire. So I walked just 3 min. to Sumire's castle.

Snow pashapasha
Shutter pashapasha

ちょうど冬っぽい映画も見たところなので、なんだか世界がいつもと違った。悪くいうと現実逃避。良く言えば、、、 なんだろうね。
友が
「眠りに世界に引き込まれて怖い」
って言ってた。ニョキって黒い手が見える。
肌色の手はベランダからのび、ユキが手にのるのをマッテイル。
[PR]
by de_hond | 2008-11-24 09:26 | Life
名前ってなんだー What is NAME existance!!!
名前があることによって先入観が生まれる。
名前があることで快適に便利に過ごせる。
名前があることでごまかせる、格好がつく。
名前があることでけじめがつく。
人間以外の生物は言葉で名前をつくる変わりにどんな感覚で名前をもっているのか。
私は人間という名の生物なのか?
もしそうなら名前を持てるだけもち、つけるだけつけて生きるべきなのか。
考えすぎず楽しい方を選び生きればいいのか。
名前をつけてしまい、安心しよう。
でもその名前の意味と内容は自分辞書から創りだそう。
だから人に説明する時は困難だ。
f0121120_7394858.jpg

NAME makes us parti pris.
NAME makes us confortable and convenient life.
NAME gloss over things, makes things look good.
NAME draw a clear line.
How the animal except a human have NAME instead of words with their sense.
Am I an animal so called a human?
If I am, should I have and put on NAMEs as many as possible?
Should I live more easy and don't think about too much just chose fun way?
Let's become ease of mind by putting NAME on everything.
But I make the meaning and the content of the NAME.
So it's hard when I explain to people about it.
[PR]
by de_hond | 2008-11-21 07:40 | ヒマジン
恐るべき映像の世界
f0121120_8573224.jpg

最近私はある病気にかかったようだ。
Recently I got one sick...

その名もインターネット依存症。
The name is Internet addict.

さっきもやっとの事でPCを自分から突き放し、シャワーを浴びに行く事に成功。
Just before, at long last I put my PC away and took shower.

インターネットで何をやっているかというと、色々な動画を見ている。
What I am doing internet that I'm watching a lot of movies or films.

アニメや映画や日本のテレビ番組はもちろんのこと、映像サーフィンで色々見ていたらすごい人を発見した。
Of course Anime, Movie, Japanese TV program... And I found a great man by movie surfing!!

その名はMEGWIN!!
His name is MEGWIN!!

彼は毎日動画を彼のサイトに自分のためにアップするということをしている。
Everyday He up load his original movie on his web site for him self.

そしてその動画の内容は、とてつもなく無意味で面白く、編集の質は高い。そしてなんといってもMEGWIN自身のオーラがものすごいので、知名度がたぶんそれほどないのに、ネットのパワーで毎日見てると、彼の事をすごい憧れのスターのように思えてくる。
And his movies are very nonsense and so funny, editing skill is very high! And one of the things MEGWIN self's aura is super crazy nice. So his aura even make his look like famous star who is actually not so popular yet also by internet power.

彼のサイトはこれからもちょくちょく遊びに行きたいが、いい加減、インターネット依存症の自分がとてつもなく嫌なので、今夜脱皮をしたい。そのハードさに、タバコやお酒やドラッグがやめらない人の苦しさまでもがわかるほどです。とほほほ
I prefer visit his web site often. But I really hate my self being internet addict, so tonight I will molt me of now. This thing are very hard, so now I can understand about the people who can't quite Tabaco, Alcohol or drug... uheheheuhe....

自分だけの秘密にしたかったMEGWINを知りたいそこのアナタは是非チェックヒム〜!
虜になるので、きをつけてね。

MEGWIN TV

[PR]
by de_hond | 2008-11-20 09:07 | ヒマジン
カイレンバイクを知らないのか さえ!?
f0121120_8333944.jpg


今日 学校についたとたん 誰かが私の後ろを せかせか とつけて来た。

フンっ?

と振り向くとマイケルムーワ似のクラスメイトが  何か聞きたげに立っていた。 

について もっと教えてくれないかな。

そう 先々週の座学の時間 彼のプレゼンで 彼は「間」に関する 研究をしている感じであり
それに対し 「間」 のことを知っていた 先生は それは日本語でいうと 間 だわね とコメントしていた。 結局 そのプレゼンは 最後 偽マイケル と 先生 の喧嘩のような言い合いでおわってしまったが いわゆるガリ勉系な彼は 間についてしばしリサーチをしたらしく そして今まで彼がどうしても 自分のやっている事に対し一語何か言葉を当てはめたかったのに なかなかみつからなかった語 にまさし当てはまったのが 間 であった。
彼は自分のノートを出し 間 を書いてくれと言った。 お、これは何かのテストかな と思い 真っ白なノートのどこに 間 と書こうか悩みつつ 真ん中より少し上に書いてあげた。
その後話がはずみ 門 聞 問 時間 人間などから 私がいつもする 一般的な日本語の基本的知識を教えてあげた。
そしたら自分でも すごい発見をしてしまい 思わず興奮した。
耳+門→聞 口+門→問
は見ての通りだが 聞く 問う という行為は まさにこの世に間があるからこそ 起こりうる実態であるのだ!!!! この世に 間 がない=無限空間に米粒一つが浮いている状態かもしれない
その米には口や耳があるかもしれない。 けれど そこには 空間がないのだから(物と物の間が無い: その米粒っちは一人ぼっちだから) 物の振動で発生する音は存在せず よって 聞く事もできない。 問う相手も問う大将もない世界なので 問う という行動も起こらない。
人が一人以上いれば人間
時と時に間があるから時間

すばらしい日本語 間

木の横で人が休む



間 (MA)
This is great Japanese word: MA.
Today I was in my school and someone was following me.... Hmm?
The person was my classmate who looks like Michel Moore.
Two weeks ago we had theory lesson and he had a presentation. What he talked about was a bit like MA. So the teacher who knew about MA, she told him the meaning of MA. But his presentation finished with kind of fighting with teacher... But he researched about MA after that and he interested a lot because he was long time looking for a words which till fit on what he does things. And MA was exactly what he does the word that only exist in Japanese. So he asked me to write 間 MA on his notebook. I was a bit nervous because of MA on empty white notebook. Is it something like test? Anyway I wrote it on a bit up of middle.
And we had really interesting talk some while about time 時間, human 人間, hear 聞く  and ask 問う etc... Because these character is relating on MA.
There is between a time and a time. There is between a person and a person. You can hear something because you are the not only one thing in this space. You can ask something because you are the not only one thing in this space. Sounds will appear because of vibrancy.

木tree
人person
person休tree=have a rest

wonderful Japanese
[PR]
by de_hond | 2008-11-19 08:33 | Japan
ぶりゅぶりゅ BruBru
f0121120_61468.jpg

今日は恐ろしく寒くて、帰りの自転車は、寒さにあとちょっとで耐えられなくなるところだった。危ない危ない。Today was terrible cold, especially when I was on the bicycle it was almost not possible to go home. Huuu.
昨日もルームメイトが、鍋を火にかけたまんまにしたらしく、オーナーがグチをぐちぐち私に言って来た。彼のいい分もわかるけど、彼も彼であるところ満載で、そしてこれで5回目くらいぼやをやったルームメイトもルームメイトで(悪いと思ってないし)世の中のああいう大人にだけはなりたくないっていうか私ももう大人なのか。いや、自分で食べて行けていない人は、まだ大人ではないか。
My owner start sloppy talking to me when I got home because of my roommate left fire at our kitchen again. This is happen more than five times till now, so I can understand my owner was so upset at her. But sometimes I can't understand his thinking way as well. But anyway my roommate didn't think she did something wrong.... That's too bad. I will be careful to be that kind of an adult person. Oh am I already an adult by the way? no no when I can pay every thing for my self, then maybe I am an adult person...?

今日はルームメイトに英語のbuy/boughtの現在・過去・未来系を教えた。なぜ2年ぐらいここに住んでいて、基本の英語もオランダ語もできないのか理解に苦しむ。。。私も人の事言えないレベルだけど、彼女はちょっと考え直した方がいいと思う。学ぶ気がないのだろうか・・・。色々な事情があるんだろうけど、人は一人で生きていない事を忘れずに、自分のために頑張ってほしいよ、とわんわんは思うのであります。
I taught to my roommate about buy/bought of grammar past,future and now. It's difficult to understand that is why she didn't know very basic English and Dutch speak thing after lived here more than two years already. My language level also is not good enough that can say about other people's language problems... But still I think she have to think about her self more. She doesn't have any motivation to learn English??? She has some reasons of living hard maybe, but she shouldn't forget she isn't living alone and she have to try for her self, I think I guess....

そんなパブリックへの独り言はここらへんにしといて・・・今日本では変なドラマやっているようですね。おもしろい「すみれ16歳!」
f0121120_6145965.jpg

[PR]
by de_hond | 2008-11-18 06:15
Maki UEDA work shop -Edible Perfume-
f0121120_23265598.jpg

昨日はブリュッセルのFoAMというオーガニック系テクノロジーアート集団のようなグループの拠点へ行って来た。
Yesterday, I went to Brussels for visit FoAM that is like art organic technology grope.

ロッテでいつもお世話になっている上田麻希さんのワークショップ「食べれる香水」へ参加して来たのである。
I joined the work shop -Edible Perfume- of Maki Ueda who very kind takes care of me in Rotterdam.
f0121120_920403.jpg

この間マーケットで購入した、グレープフルーツとアーモンドを私は自分の香水の材料として持って来た。参加者の定員は10名で、各自2つの合うフレーバーを持参するのが条件であった。そのフレーバー同士が合うかどうかは、ペアリングサイトでの調べる事ができるので、至って簡単である。
I took a grape fruits and almonds with me that I bought it in Market a few days ago for the ingredient of my perfume. There are only 10 people could join this work shop and the people had to take two flavors which will much each others. It was easy to chose because of there is food pairing web site.
f0121120_23234965.jpg

香水になるまでの行程も、方法を知っていたら難しいものではない。でも今回体験した物は、食べられるパフュームであり、その中でも一部なものであるだろう。昨日のワークショップではオイルかウォッカでの蒸留作業であった。私はこの短時間で結果が出やすく、尚まきさんにアドバイスをもらいウォッカで香水を作る事にした。
It's not so difficult if you know the way of how to make a perfume. However this time's perfume was edible and also a part of a lot of ways what I learned yesterday. This work shop's distillation was using by an oil or a vodka. I chose a vodka cause of the result will be better than an oil in that short time and Maki suggested me so.
f0121120_2325264.jpg

簡単にやり方を書くと、
1、とにかく材料を細かくする(グレープフルーツは皮のみ使用)
2、清潔なジャムなどの入ってた空き瓶に、各材料を別々で入れ、そこへウォッカが材料の少し上にくるぐらいまで注ぐ。
3、蓋をして、70度の温度を保つお湯へ1時間程入れる。(グレープフルーツの方は手温めながら1時間ぐるぐると動かし続ける、つらいわ〜) 尚、この作業中に何度も香りを確かめると、変化が楽しめる。
4、 ちょっとした方法でこす(意外とこのパートが難しい)
5、今回は2種の香りを調合して、香水作りだったので、スポイトで2種を様々な分量で合わせて、試し嗅きしまくる。食べてもオーケー!なので少し酔っぱらってたかもしれない。
f0121120_23253589.jpg

How to make Edible perfume(short cut explain)
1. make as small as possible your ingredients.(I only use a peel for Grapefurit)
2. put it in clean bottles in several and pull vodka in it till over your ingredients.
3. close the bottles and put into hot water that is 70dgrees one hours. (But I didn't put my Grape fruit one in the hot water. I had to keep in my hand and a bit mixing one hour... Wow!!)
4. strain the inside of bottles in several. This is kind of most difficult part I thought.
5. This time we were going to make paring perfume, so we mixed two different smells by dropper into test tube. You can also try to eat them :) So maybe I was a bit drank....!!
f0121120_23262559.jpg

パルメザンチーズの子のパフュームはおいしかった。(?)たぶん香りがおいしかった。
今回の経験で感じたのは、食べ物の50%は香りが命だな〜と言う事。香りでお腹がすく。それを食べると、おいしくない。まだ自分の中では人工的な食べ物が「悪い」とあまり意識できないので、今後もう少しなぜ科学的な食物は良くないのかという事を知りたいなーとあらためて思った。貴重な経験をどうも有難う、まきさ〜ん!
The girl's perfume was delicious who made with Parmesan cheese. But it was maybe only smell was delicious. This work shop experience make me thought about the important part of food is 50% smell. I could get hungry only by smelling. But if I eat that smell it's not delicious as the smell.
I still can't conscious about how bad the artificial food is. So I'd like to know the reason of why chemical foods are why bad in near future.
f0121120_23271950.jpg

[PR]
by de_hond | 2008-11-17 09:42 | Trip


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ
たべられる文章
Bamboo Shoot...
えるだま・・・世界の国から
spazieren
signif
JAM SESSION WEB
読んでみて
Murmuration
日 日 食 房
気は若くても
LOOTONE
HOUKO
オランダでわたしがみたもの

links

カテゴリ
全体
Holland
Sarajevo
Art
Japan
Trip
Germany
food
Life
映画
WdKA
Rotterdam
ヒマジン
goed dag
EIGO
ORANDAGO
Ossのおうち
お願い
family
dance
link
俳句
お知らせ
artwork by Sae
妊娠生活
cooking
マイブーム
青十郎
つくばライフ

原発・放射能
友人
大阪ライフ
お宅訪問
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧