日々の事
by de_hond
カテゴリ:Japan( 29 )
だんなをつうじて
オランダでは私をつうじて現夫タピは人に出会う事が多かった。
それで、楽しんでいるときもあれば、あまりにもそういう縁ばかりで自己嫌悪に陥っちゃってる時もあった。

日本に帰ってきて、それと全く逆の状態が起きている。
もちろん二人にとって母国の日本と外国のオランダでは生活の慣れレベルが違うが、大学浪人中にぴょこっと海外に住み始めてしまった私にとって、日本のクリエイティブ的な人々との繋がりは、本当に数限られている。美術予備校に言っていたのが幸いし、長いこと連絡をとっていなかった友だちにアートイベントで思わぬ再会を果たしたりしている。

これから子供ちんが産まれて、母になるわけだが、
[PR]
by de_hond | 2010-11-12 02:26 | Japan
せんでん!
f0121120_185523.jpg

マイ師匠が今日本で1ヶ月ほど活動中!
日本にいる皆様ヨーチェックです!
国立新美術館へいこう!そしてDVDを買おう!

師匠!いろいろおめでと!そしてご苦労さまさま!
師匠の最新日記
[PR]
by de_hond | 2009-02-19 18:55 | Japan
アートの力
ジョージ・オーウェルの1984を知ってからというもの、この世はプロパガンダ的な物で溢れかえっている事を実感。アートには政治以上の力が秘められている。その使い方次第で、全く逆の効果が現れてしまう。でもプロパガンダの時代にアート的存在物の抑制が行われたという事実が、私の作品制作継続できるモチベーションにもなったりする。



[PR]
by de_hond | 2008-12-18 05:26 | Japan
カイレンバイクを知らないのか さえ!?
f0121120_8333944.jpg


今日 学校についたとたん 誰かが私の後ろを せかせか とつけて来た。

フンっ?

と振り向くとマイケルムーワ似のクラスメイトが  何か聞きたげに立っていた。 

について もっと教えてくれないかな。

そう 先々週の座学の時間 彼のプレゼンで 彼は「間」に関する 研究をしている感じであり
それに対し 「間」 のことを知っていた 先生は それは日本語でいうと 間 だわね とコメントしていた。 結局 そのプレゼンは 最後 偽マイケル と 先生 の喧嘩のような言い合いでおわってしまったが いわゆるガリ勉系な彼は 間についてしばしリサーチをしたらしく そして今まで彼がどうしても 自分のやっている事に対し一語何か言葉を当てはめたかったのに なかなかみつからなかった語 にまさし当てはまったのが 間 であった。
彼は自分のノートを出し 間 を書いてくれと言った。 お、これは何かのテストかな と思い 真っ白なノートのどこに 間 と書こうか悩みつつ 真ん中より少し上に書いてあげた。
その後話がはずみ 門 聞 問 時間 人間などから 私がいつもする 一般的な日本語の基本的知識を教えてあげた。
そしたら自分でも すごい発見をしてしまい 思わず興奮した。
耳+門→聞 口+門→問
は見ての通りだが 聞く 問う という行為は まさにこの世に間があるからこそ 起こりうる実態であるのだ!!!! この世に 間 がない=無限空間に米粒一つが浮いている状態かもしれない
その米には口や耳があるかもしれない。 けれど そこには 空間がないのだから(物と物の間が無い: その米粒っちは一人ぼっちだから) 物の振動で発生する音は存在せず よって 聞く事もできない。 問う相手も問う大将もない世界なので 問う という行動も起こらない。
人が一人以上いれば人間
時と時に間があるから時間

すばらしい日本語 間

木の横で人が休む



間 (MA)
This is great Japanese word: MA.
Today I was in my school and someone was following me.... Hmm?
The person was my classmate who looks like Michel Moore.
Two weeks ago we had theory lesson and he had a presentation. What he talked about was a bit like MA. So the teacher who knew about MA, she told him the meaning of MA. But his presentation finished with kind of fighting with teacher... But he researched about MA after that and he interested a lot because he was long time looking for a words which till fit on what he does things. And MA was exactly what he does the word that only exist in Japanese. So he asked me to write 間 MA on his notebook. I was a bit nervous because of MA on empty white notebook. Is it something like test? Anyway I wrote it on a bit up of middle.
And we had really interesting talk some while about time 時間, human 人間, hear 聞く  and ask 問う etc... Because these character is relating on MA.
There is between a time and a time. There is between a person and a person. You can hear something because you are the not only one thing in this space. You can ask something because you are the not only one thing in this space. Sounds will appear because of vibrancy.

木tree
人person
person休tree=have a rest

wonderful Japanese
[PR]
by de_hond | 2008-11-19 08:33 | Japan
さよならにっぽん
f0121120_235258100.jpg
ぽたぽたぽたぽたぽたぽた・・・・・・・・
f0121120_23523071.jpg
おい!何してんだ犬!?               ひゃ~ひょ~!!


ほえ~一ヶ月早い。

日本でお世話になったみなさん、初めましてだったニュー友、古き友、色んな変態、
たのしかったよ~どうも有り難う。

自分のこの境遇で幸せに過ごしていると、なんだか変な後ろめたさがあるけれど、今はそんなんで生きていっているので、焦りつつ、悩みつつ、できたら痩せつつ、これからも頑張りますわ。

次回はいつ日本に帰るかわかりません。
でも1か2か3月にジギーだけ私の実家に一ヶ月ほど、大学院の研究で日本に来るので、ジギーに興味がある方、暇な方、英語を練習した方、ジギーのかわいい日本が聞きたい方は、相手してあげてください。心から、どうぞ宜しく。
私は日本に色んな意味で、また帰ってきたいけど、この一年いろいろあって結局、今回3回目だったので、本心ならばこれから3年くらいヨーロッパにヒタヒタにされたいです。浅漬けではなく、ぬかみそな感じで。
なので、みなさーん、オランダに遊びに来てね~!ワン宿は格安の一泊100ユーロだよ(朝夕食付き)。うふふ~

じゃ~ね~
デュイデュイー!
f0121120_23531786.jpg
ぐへへへへーグサ!!!!!
f0121120_094969.jpg
じゃじゃーん

f0121120_23513778.jpg
うひー

写真は2005年の夏、私が始めてヨーロッパに行った時のもの、サラエボにて。撮影は師匠YUKIっち。キャンディー指導そー平先生(笑)プロジェクト前、一週間だけお世話になったサラエボ人のおうちにキャンディー結婚式場を作りました。わほわほ。ワオwhen I was 20 years old...わお
[PR]
by de_hond | 2008-08-13 00:00 | Japan
すぴあすぴあシェーク
f0121120_12281330.jpg
f0121120_12282571.jpg


この週末は三日連続、舞台美術を見ていた。
金曜はバレエ
土曜は影絵
そして日曜は劇。「真夏の夜の夢」。シェークスピアの作品である。
原作を読んだ事がなかったのに、新鮮な感じで楽しめた。舞台がとても小さく可愛い劇場だったが、霧がでたり、バケツで水をザバザバしていて予想外の迫力で面白かった。
そして役者さんの滑舌の良さに驚きつつ、そのパワーですこし疲れるくらいだった。
劇をやったのはJAM SESSIONというグループで、誘ってくれた愛ちゃんの友達が出演していた。良い役者だな〜とあまりこっちの世界はまだ詳しくないのに、思った。存在感の温度が丁度よい感じ。

そーいえば、この週末の舞台3連続。一緒に行った人の友達が、踊ってる、働いてる。演技している、という繋がりでどれも行く事になっている。人づての宣伝は一番パワフルで確実なものだな〜。

中目黒にいっぱい素敵なカフェがあった。ヨーロッパより東京の方がお洒落カフェがやたらある。
f0121120_12393267.jpg

かんちゃんデザインの蜂蜜をいただきました、めるし〜めるし〜♪
[PR]
by de_hond | 2008-08-11 12:40 | Japan
有難き氷
f0121120_11295988.jpg


昨日、高校時代の先輩たちというか友達に誘われて見に行ったインドネシアの影絵。恵比寿のアジアンショップ&カフェの中で行われたものだったのだが、伝統的な手法とお話のモダンさと日本在住3年目のインドネシアの人のおもしろい日本語の組み合わせが最高だった。私もオランダでまだまだだな〜と、良い刺激になった。すばらしかったので、また見たい。
f0121120_11325469.jpg

きゅうりちゃ〜ん
f0121120_11354240.jpg

その友達が、私に日本を感じさせようと、わざわざ話題のかき氷屋さんに連れて行ってくれた。目白で白目である。予備校時代、毎日の様に通ってた道にこんなに、かき氷がおいしい店があったとは!!!!かき氷の存在意味を変えてくれるおいしさでした。そしてすごい迫力な見た目。ビジュアルはなんだかんだいって大事。
f0121120_11332171.jpg


↓インドネシア人の方(左)私の友PL(右)。なじみすぎだよ(笑)
f0121120_11362611.jpg


あ、ちなみに私の写真を気に入ってくれて使ってくれている人が何人かいるようなので、もし知らなかったらFlickrという写真シェアサイトに私の写真があるので、好きなのダウンロードしたりしてくださいな。http://www.flickr.com/photos/saeinukai/
[PR]
by de_hond | 2008-08-10 11:40 | Japan
にほんまんきつ
f0121120_0452090.jpg

今日は恵比寿に「いま、ここにある風景」という映画を見に行ってきました。この映画は7月のKonoyubiARTで一緒だった、私と同じくオランダ在住のまなみ氏に教えてもらったドキュメンタリー映画。中国などの生産事情などを、画のビジュアルを中心に考えて撮影したもの。人間は自然の一部。自然を破壊する人間は、本当に壊しているのか?人間が自然の一部なら、自然を破壊する人間、ではなく、新たな自然の風景を作り出している人間かもしれない。と、私が考えている方向性で、この映画も作られている感じがした。
それと、すべての生産物には地球からの資源で作られているのだな〜という事を改めて思い出させてくれた映画です。厳しく言うなら、ちょっとすべての映画の編集の仕方や演出をもうちょっとうまく見せれたのではないかと思ったぴょ。でも音楽がすごい最近の私の好みにあっていて、よかった。

この映画は、またもやKonoyubiArtを通じて出会った、さきちゃんと草野氏で見るはずだったんだけど、私が母のおばかのせいで遅刻し、私が待ち合わせ場所に着く前に、草野氏は風邪ぎみで気持ち悪くなったらしく、帰宅。日本で最後の再会になるはずが、会えずに終わってしまったな〜と残念に思っていると、
なななんと今日の夜、たまたま渋谷でバレエの舞台をやっていて、そこで踊っている人が草野氏の元同僚&同じ更衣室だった方で、なんとチケットを無料で4枚も用意してくれたという!そして、私も誘ってくれ、夜は普通だったらチケットを買えないバレエの舞台を生まれて初めて観る事できたのでした〜。(クラシックをね)ラッキー!

f0121120_0421391.jpg

生まれて初めて、観るってすごい衝撃だな〜と思った。おそらくバレエの舞台を見にくる人って初めてバレエを見る人は少ないと思うんだけど、バレエに詳しい人と、違う楽しみ方があるんだろうな〜と思った。私の他一緒だった三人はみんなバレエダンサーだったので、この振り付けがどうだったとか、誰々が綺麗だった、とか予備知識が無ければ話せない話題でもりあがっていたが、私は、すっごい動きを表現できる人間っているんだな〜、こんなごちゃごちゃの渋谷の街の中心で、こーんな綺麗な事が起こっているのかーと、なんだか感動した。そして今まで本当に興味のなかったクラシックバレエが本当に面白かった。クラシックなのに、斬新で飽きなくて、とてつもなくひとつひとつ個性的な世界観があり、毎回の拍手で現実世界に目覚めさせられる様な。一度拍手なしのまま、あの世界の中の余韻に15分くらい浸ってみたいと思った。
それと、今年の新たな目標は素敵なバレエダンサーを彼にもつことだなーと思うくらい、男性のダンサーが格好よかった。毎朝綺麗に飛んで足をパタパタしながら、朝食をベッドまで運んでくれないかな〜♪
その前に私が綺麗にならねばという問題があった。あんな綺麗に持ち上げられても、ぷ〜とかオナラをしちゃいそうだもんな。

それにしてもKonoyubiARTの出会い力にも感謝。出会いって素晴らしいね。
バレエダンサーが最後に手をつなぎながらお辞儀するのが、まるで人と人の繋がりのようで、いいなと思った。
f0121120_0432295.jpg

ちなみに、私にチケットをくださったチェコ人のダンサー、イリ・ブベニチェク氏。踊る姿も素敵だったけど、まじまじ顔を今写真でみたんだけど、かっちょいいー!!!!
うほうほだす。ありがとー、草野氏も本当にありがと〜!!
[PR]
by de_hond | 2008-08-09 01:11 | Japan
よこはまなかのぶぎんざ
f0121120_23245171.jpg

日本を去る一週間前にいきなり暇な予定がうごごごーと埋まってしまった。ビツクリ。やはり締め切りせまるとみんなも私も焦る様。
さすが夏休み。

今日は友達がスタイリストに昇進したので、彼のノルマの達成を手伝うため&彼の腕を見るため&そろそろ美容院いかないとのため中延のZELEというお店で髪を切った。美容院で迷っている方がいらしたら、是非いってあげてください。頑張ってるだけじゃなく、腕も良いです。(有料:おそらく私の紹介割引でカットが3800円くらい)
f0121120_232442.jpg

その美容院で最初によくあるアンケートに答えなければならなくて、その内容にいちいち悩みまくって答えた。たとえば「今の自分の髪型を気に入っていますか?」っていう質問に対し五択で、
1、気に入っている
2、まあまあ気に入っている
3、イメージと違っている
4、
5、

4、と5、は忘れちゃったけど、なんだかどれでもないし、3番の「イメージと違っている」っていう答えの意味がどうしても理解できず、自分で「6、なんともいえない」とつけたして書いてしまった。「イメージ」ではなく、いうならば「理想のイメージ」ではないだろうか。
あとは、自分の身分の欄。「学生」に○付けながらも、「その他」にも○をつけ、私はそうとうひねくれ始めているな〜と思い知らされた。悪い意味でも良い意味でも。言葉はもっと考えて使わないとね。

あと今月26日にそこの美容院の全国大会のコンテストがあるらしく、私の友達もみごと出場するらしいのですが、そのカットモデルが色々問題が起こりみつからないままで今も探しているそうです。もし26日予定がなくて、ショートカットにしてよくて、髪を明るい色にしてよい女の子がいましたら、私にメールください。紹介します。ちなみに髪色は希望によっては、コンテスト後、色を暗く戻す事もできるようです。(もちろん無料)

あーんそどあーんど、そこの髪の毛ぼさぼさでお金がないけど、おしゃれな男の子よ。私の見習い美容師さんの女友達が五反田の美容院で只今無料でカットモデル探しています。こちらは何人でも。なので行きたければ、私にメールください。この方も私のおすみつき〜!!しかも中学校からの仲ですの、おほほ☆(カットモデル無料)

と宣伝ばかりの記事になってしまった。
でも美容院というだけあって、ああいう場に行くという行為をするだけで、自分の美容への心持ちのモチベーションがグググっとあがるね〜。
残りの滞在で、頑張って痩せるわ〜中身も磨くわ〜きゅきゅきゅ!!

f0121120_2339928.jpg

[PR]
by de_hond | 2008-08-07 23:39 | Japan
hyougen
f0121120_0184819.jpg

小さいころは物事の存在など、あまり深く考えてなかったのだろう。

アニメや漫画などあたりまえの様に存在し、そんなものは子供のための物だという大人が今でもいるようにいっぱいいたと思う。でも、アニメや漫画を作っているのは大人なのだ。子供の相手をするのがすごい難しいように、子供に理解させる物をつくることほど難しい行為はないのかもしれない。シンプルだからこそ、困難。

今回の日本への一時帰国で、なんとも嬉しかったのが、宮崎駿氏の新作を映画館で見れたことだ。なんとも幸せ。そして日本人に生まれてきてよかったと思えるのも、小さいころにジブリという、あんなハイクオリティーのアニメとともに成長できた事だ、と自信満々でいえる。

漫画なんて読むなら本を読め、というのは変だ。
言葉がひとつの表現方法なら、絵は言葉にとって先輩にあたいする表現方法なのである。
そして音は、そのまたもっと大先輩の表現方法。
この世の人々はみな表現者。他者という存在があるがゆえに、我を表し示す。
それをもっと意識し、丁寧に表したりする人がアーティストとか作家とか言われるのだろう。

崖の上のポニョは2分の予告編のみで私を泣かした。予告編で泣いた人なんて、そういないだろが、今私の状況でジブリの表現方法を見ると、本当にご苦労様だなあと思うと同時に、私もあのくらいのエネルギーで制作をしていかねば、とパワーになる。

酷評されていた、宮崎駿の息子が作った作品「ゲド戦記」も、彼の息子が作ったという事を常に頭においてみていた私にとって、彼が父駿にいだくコンプレックスや愛情などの、いろんなぐちゃまぜの感情を表現したものに見え、大変面白かった。

映画は、娯楽として作られている。
シンプルに言えば、そうなのだが、映画のを作っているのはロボットではなく、あくまでも人間なのだ。否定的意見を言う人は、その言っている本人自身に何かたりていないのかもしれない。ひどいに作品に対しても、面白い素敵な感想を述べられる人は、その褒めている対象がすばらしいのではなく、それを褒めてくれた人自身がすばらしいのだと思う。
[PR]
by de_hond | 2008-08-06 00:38 | Japan


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ
たべられる文章
Bamboo Shoot...
えるだま・・・世界の国から
spazieren
signif
JAM SESSION WEB
読んでみて
Murmuration
日 日 食 房
気は若くても
LOOTONE
HOUKO
オランダでわたしがみたもの

links

カテゴリ
全体
Holland
Sarajevo
Art
Japan
Trip
Germany
food
Life
映画
WdKA
Rotterdam
ヒマジン
goed dag
EIGO
ORANDAGO
Ossのおうち
お願い
family
dance
link
俳句
お知らせ
artwork by Sae
妊娠生活
cooking
マイブーム
青十郎
つくばライフ

原発・放射能
友人
大阪ライフ
お宅訪問
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧