日々の事
by de_hond
カテゴリ:つくばライフ( 3 )
掛川 蜂 面接 主人の友達 だにチョコ そして、プール 
f0121120_1812725.jpg

先月、旦那さんの実家である静岡県掛川市に少しばかり訪れた際、掛川で有名な花鳥園に行ってきた。旦那タピは人生初めての花鳥園。予想以上に楽しかったみたいだが、鳥は苦手なようである。↓(笑)
f0121120_18112234.jpg

前回アップした家の窓からの眺めは、まるで素敵なところに住んでいるみたいだぞ、と我が父より指摘をうけた。ええ、眺めだけは軽井沢よ、おほほほ〜と言ってる間に大スズメバチという意味のわからないくらい大きい蜂が目の前に巣を作り、夜中窓に突進してくるのである。しかも、それに気がついた初めての日の晩、タピちゃんに窓あけないでねって言わないとなーと料理に集中してたら、いつものごとく部屋中料理の煙でもくもくしてて、そこへ帰ってきたタピ氏は即座に窓を開けた。しばらくしてそれに気がついた私。あーーーーーー!だめ〜!でっか〜い蜂がいるんだよー。と急いで閉めた。なんと網戸も少しだけ開いていたのだ。あ〜入らなくてよかったと、一息。。。

ばちんばちん!

と、音がする方を見上げると、なんとそのでっかい蜂が食卓の電気へ激突しまくっている。きゃ〜とキッチンへ逃げる私を追うようについてくる蜂。そして今度はキッチンのライトへばちんばちん!
なんとかもう一つの部屋へ青十郎と避難。そしてタピ氏、戦うはめに。

しゅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ばちん!
しゅ〜〜〜〜〜〜〜
しゅしゅ〜〜〜〜〜〜〜
ばちん!ばちん!ばちん!

と3分後くらいに戦争部屋をのぞくと、なんと殺虫剤プラスはえたたきで叩かれまくっても死んでくれない蜂さん。なんだかもうこわくてこわくて新聞紙を上にひき、わたくしの体重を一気にあびせていただきました。

ぺしゃんこ。
あ〜でぶでよかったー!って!!!!

蜂の巣の周りには赤いコーンが置かれているが1ヶ月たっても駆除されない。おかしいと思った吉岡家の人々(私・タピ・青十郎)はここの家族寮の宿舎管理室へ電話。すると、そんな巣がある事すらしらないとのこと。すぐに見に来てくれた。すると

「これは大変危険だ!わたしたちではどうすることもできない。刺されると死にます。」

といわれ、37秒で缶の中身がすべて噴射されるスズメバチ用のすごそうなスプレーをくれた。業者に頼むと行っていたが、4日たっても駆除されるどころか連絡もないので、再度電話してみると。。。
生活科にその日のうちに報告したと。生活科は施設環境科にあげたと。それで施設環境科は業者に依頼したがいつくるかわからないと。。。
なんだか信用できないと、自ら市に頼むと、今年度から公の場所等の駆除はやらなくなったとのこと。今までは消防が年間700件駆除していたが、本来の業務に支障が出たため、やめたとのこと。それで筑波大学も対応がスムーズではなかったのだ。
家にこもりながらも、電話でいろいろな人と話した一日で、タピはツイッターでつぶやくんだ!というもんでつぶやきまくってみたが、余計に腹が立って私にはむいていないみたいだ。
ただわかったのは、自分が何かを発すると、どこかで何かや誰かが少し動き、たまに何かが返ってくるということ。この日の最後には消防士さんから電話がかかってきてしゃべることになった。

f0121120_1810453.jpg

明日から私と青十郎はプールに通うのだ!週一である。
この写真はトイレで水着を試着する青十郎。青十郎にピッタリのはずのLサイズは見た目から無理そうで、LLを着たがやはりピチピチ。じゃあジュニアサイズと着たのがこれだがぶかぶか。でも笑ったのでこれを購入。私の水着はマタニティー水着(苦笑)
さあ、アーティスティックに記名しなければ!!!!

あ、そうそう今日は心身共に不快な一日だったのです。
なんとチョコレートを食べたら、銀紙も一緒に食べちゃった感じがし、手にペッ吐くと・・・。
ごま粒ぐらいのなんだか大きなダニのようなものが。。。
さあ、またしても北海道のある会社と電話でのやりとりがはじまった私の穏やかにならない日々の始まりです。
あ〜ついていないわ。もう安っぽいチョコは食べないわ!おほほほほー
[PR]
by de_hond | 2011-10-11 18:34 | つくばライフ
なぜつくば市の蜂の駆除の取り扱いが今年度より変更したか
私は筑波大学の学生宿舎に住んでおります。家のすぐ裏に大スズメバチの巣が2ヶ月ほど放置され一向に駆除されません。その原因について、調べていったところ、今年度より消防が駆除をしなくなったという点が大きな影響を及ぼしている事に気がつきました。3月11日以降、消防が本来の業務に忙しくなり、駆除に手が回らなくなった事も理解できますが、まだ震災の影響で蜂の駆除が再開できないのでしょうか。市に頼んでも、公の場所は取り扱ってくれない。大学に頼んでも、たらい回しの結果、業者に頼んでくれたものの、今までにないことなので、対応までにとても時間がかかる。もちろん震災の復興も大事です。しかし、私の家を含む、ここ近隣は子供がたくさんいて、そしてその大スズメバチの巣は子供の顔の位置にあります。いくらロープをひいても、そんなもの子供には関係ありません。大スズメバチに刺されると死にまで至ると聞きました。蜂の種類によって対応を変える等、もう少し柔軟な仕組みにはできないのでしょうか。死者が出てからでは、震災復興も逆効果になったことになってしまい、頑張ってくださっている消防士さんたちにも申し訳ないと思います。

どうぞ、現場にいる一市民の声を参考に受け取ってください。どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by de_hond | 2011-10-04 14:14 | つくばライフ
更新は前進 うひゃ
f0121120_2312357.jpg

みなさま、こんにちは。
この写真はうちの窓から見える風景です。まるで別荘な様な景色のところに暮らしております。
不便な場所もいいとこいっぱいあるのです。
というか今はネットがあればだいたい何でも変えてしまうし、対面でのコミュニケーションとスポーツ以外は不便してません。

さあ、青十郎も9月29日でハヤ6ヶ月。うひょ〜。
まだおすわりはしませんが、順調に頭(内も外もね♥)の辺りを中心にすくすく育っています。

私は少しずつ家事に慣れながらも、なにかまだこう悶々とやりたい事がたまっていく日々を過ごしています。焦りは前ほどではないですが、やはり色々動くには、まずはここに書いていかなくては自分の頭を整理できないかなーと思い、これからどうにか頻繁に更新していくことにしました。
さて、できるかな。
もう今日も食器洗いをそっちのけにして書きます!!!!
洗濯物もたためてないけど、それよりこっちが大事よ〜。
じょじょにじょじょにね。

では今日はまず、近所について。
私は現在、筑波大学の家族寮というものに家族3人で暮らしています。
家族寮のご近所さんたちは今のところ外国人しか会った事がないという(笑)
しかも多国籍なので、なんだかオランダの頃のよう。
今一番仲がいいのは、2歳と3歳の娘っこがいるフィジ島親子。私たちが来年の春に出て行く事を知り、悲しそうにしてくれます。娘っこらが可愛すぎるのでそのうち青(sei:外国の人が呼ぶ青十郎の名前)と一緒に写真とっちゃおー。
他にもモンゴル、中国、韓国、タジキスタン、イラン人などいます。
しかも奥さんの方は日本語も英語もまちまちな人がいるので、もう言語のコミュニケーションはかなりすごいことになってます。青十郎と外に散歩に行くと、モンゴルと中国のママの日本語と英語の会話を英語と日本で通訳するはめになります。あははは!私も大したもんですね〜。うほうほ

それで、今日は異国の顔した小2くらいの男の子が日本語があまりわからないモンゴルママに、
「それはぼくのおもちゃだよ」
と言い出したのです。
というのも、なぜかこのご近所の日人々、子供用の車とかのおもちゃはいつも使いっぱなしで、道ばたに置きっぱなしなのです。名前も書いてないし。だから他の子たちが自分のじゃないもので勝手に遊びだすのです。それで今日もモンゴルの子供たちが自分のではない車の取り合いをしていたら、その持ち主が現れて、訴えたわけです。

まあ、どっちもどっちですね。

でも、困った事に言葉が通じないので、両者にどう言い聞かせるのも難しい。何も言わずに(いえずに)その車をもとあった場所(道ばた)に戻そうとするモンゴル母。。。でもまだ遊びたがるモンゴル子供たち。その子らにむかってモンゴル母はモンゴル語でたぶん

「あの子が返してって言ってるからもうおわり」

とでも言っていたんでしょうね。
でも彼は返してとは言っていない訳で、
私は彼に
「あなたの車すてきだったから、ちょっと借りちゃったんだって。でも返してくれるよ」
と言ったら
「じゃあ明日までには返してね」
と言っていた。

それをモンゴル母に伝えると、なんだ怒っていないのねというような感じ。

私はなんだか心がむず痒いまま、青十郎とふたりで散歩を続けた。
うーん。彼は貸してって一言モンゴルの子らに言ってもらいたかったんだね、たぶん。
でも言葉がね〜。。。

f0121120_23384462.jpg

そこでこの問題をもしかしたら少しよくする方法を私は前から知っていた。
でもまだなかなか実行できない。
それは私の家を週に1度住み開きすることである。
ただその時たまたま集まった人たちで好きな事して、過ごすだけ。
だけど、それだけで情報交換の場にもなるし、日本の勉強にもなる。
私は世界の勉強ににもなる。
たまにはケーキを焼いたり、お互いストレスの無いくらいのくだけた感じ、ゆる〜い感じでできれば最高だが、私にはそのゆる〜くすることを頑張ってしまうから難しい。
うーん。
それに、ただでさえ今日も食器洗いと洗濯タタミという王道な家事を残して眠りにつくのに、そんなこと私にできるのだろうか。
やってやる〜!
じゃなくて、
できたらいいなー!
くらいでいこーっと、

f0121120_23391379.jpg

ぴら!
[PR]
by de_hond | 2011-09-27 23:45 | つくばライフ


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ
たべられる文章
Bamboo Shoot...
えるだま・・・世界の国から
spazieren
signif
JAM SESSION WEB
読んでみて
Murmuration
日 日 食 房
気は若くても
LOOTONE
HOUKO
オランダでわたしがみたもの

links

カテゴリ
全体
Holland
Sarajevo
Art
Japan
Trip
Germany
food
Life
映画
WdKA
Rotterdam
ヒマジン
goed dag
EIGO
ORANDAGO
Ossのおうち
お願い
family
dance
link
俳句
お知らせ
artwork by Sae
妊娠生活
cooking
マイブーム
青十郎
つくばライフ

原発・放射能
友人
大阪ライフ
お宅訪問
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧