日々の事
by de_hond
カテゴリ:青十郎( 6 )
一年と半分
f0121120_07229.jpg

おおおお!宇宙街生命体を近所で発見!!!!!!!!!!!!!!!!!!

名前:青さん
年齢:1歳6ヶ月
装備:青い刀(本日シャボン液もれのため刀狩りに合う、青さん激怒)
身長:81.5cm
体重:11.25kg
足:13cm
言語:不明(まんまうまー、あっちぃ、ばーばあい、ねんね、ママ、パパ)
得意技:夜泣き(パワーアップしたさいは1時間もできる)、口から食べ物を吐き出すこと
好物:哺乳瓶に入ったぬるい牛乳、カレー、豆腐、角がしっかりしているタオル、チュッチュ、おねいさん
天敵:白いご飯、
趣味:みいつけた!の鑑賞
家族構成:毎晩深夜1時過ぎに帰宅するが休みにはよく遊んで寝てくれる父・大阪弁特訓中の腰痛もちで最近整骨院に行かずヨガ教室に通いだした母
前世:ピチピチはねるイルカ
特徴:でこが一番でている、声が高く泣き出すとすごく大変、ニヤッと悪い笑いをする、母と一緒によく笑う

f0121120_0193364.jpg

[PR]
by de_hond | 2012-10-16 00:25 | 青十郎
メロン体
f0121120_23133546.jpg

最近、水産を学んでいたママ友ができた。青十郎のおでこはメロン体だと教えてくれた。どうやら、デコからテレパシーを発信しているらしい。そうだったのかー!

青十郎は大阪に来るぐらいまでは、誰でもどこでもへっちゃらボーイだったのに、最近(現在1歳3ヶ月)では場所見知りがかなり激しい。前みたいな容量で、新たな場所に放り込んでしまうと、もう大泣きで、その場所や人が駄目になってしまうほど。つくばに住んでいた頃は腕の浮き輪をつけて自分で泳ぐことまでできたのに、今じゃお風呂さえ駄目になってしまった。(たぶん原因は大阪でプールの体験に連れてった時、タイミングが悪かったのかずっと大泣きして、どうやら水のトラウマになってしまったらしい・・・)
f0121120_22551280.jpg

それだけど、慣れてくると、こうやって↑ちゃっかり足を触ったりしてる。ドイツに住んでるタコねえが日本で夏休みを過ごしていて、大阪へ遊びに来てくれました〜!
f0121120_2381577.jpg

f0121120_23181131.jpg

大阪城を一緒に散歩したのだけど、ラッキーなことに消防士さんたちが雨の中、なんとお堀を担架と共に下る訓練していた!うひゃーーーー!
f0121120_22563382.jpg

お別れの時には慣れまくった青十郎はたこねえの彼氏のギオムにもうべったり。でもどう見ても二人の子供に見えない(笑)
f0121120_23142655.jpg

怒られた時は、最近こんな顔をする。
うひゃーーーーーーー!
[PR]
by de_hond | 2012-07-20 23:15 | 青十郎
いろんなところでハイハイ
f0121120_19424725.jpg

生まれたての時は一番神経質だったと思う。
でも、何度か病気もして、もう1歳にもなり、まだ歩けないが、すごいパワーでハイハイ=突進運動をする青十郎は、近くの公園の砂場や、大阪城公園の芝生で遊ぶ。散歩?上の写真はタピさんは私が犬の散歩してるみたいと、悪気なく言っていた(笑)
ちなみに私が履いてるイケてるストッキングはProefのもの。この春私たちと一緒で大阪を拠点として、ご近所になったのだ。
みなさん、おしゃれしましょー!
けど、この前やはり青十郎のマジックテープがくっつき一足デンセン〜!
まあ、しょうがないねー

いつもと違う地面を青十郎はいつも以上に興奮して這いずり回る。
ハイハイ終了まで残りわずか!人生最後のハイハイを色んな場所で堪能しておくれ〜◎
f0121120_19471415.jpg

[PR]
by de_hond | 2012-06-03 19:51 | 青十郎
写真は漁師スタイル青十郎
f0121120_22595463.jpg


青十郎の熱が38.7度でびびっていた一昨日もつかの間、
なんと昨日は40.1度もでた。
そして今日40.5度・・・。お風呂だ。

昨日は朝はご機嫌だったのに昼前に急に手足がすごく冷たくなり、うっすら青い白くなり、うーうーうなり出したので、びっくりして病院に電話。
当たり前のように、
「あ、今お熱があがるところだから、ひやしてあげてね。」
と色々丁寧に教えてくれた。でも心配だから色々聞くと、最初の対応が看護婦さんだったけど先生が出てくれて、解熱剤は効くのに1時間、3時間後には効き目がなくなるなどと教えてくれた。
その後、夜まで熱は下がったままだったのだが、夜からまた熱を出し、夜中も三時間おきに熱があがるのを繰り返し今日になった。

熱が下がったのを見計らい、お風呂にいれ、熱いだろうと半袖半ズボンでいさせたらいつの間にか昼寝を始めて、それですぐ起きてブルブルブルブルと10分間以上震えだした。すごくつらそうで、じーーーーっと私の方を見ながらブルブルうーうー震える。
昨日と違うなー。。。今日は土曜でお昼にもう病院がしまってしまう。。。
もしやこれはけいれん!?
とまたパニックになっていき、病院に電話すると心配だったら来てということ。
それで行こうとして、布団でぐるぐる巻きにして車に連れてったら、気持ち良さそうに寝だした。。。
んー大丈夫そうだな、と判断し、月曜まで様子をみながら家でなんとかやってみようと戻った。

その後も何度も熱を出し、夜御飯時には40.5度。
子供は40度いくのがしょっちゅうというけれど、とてつもなく心配する。。。

少し落ち着いて眠りはじめた青十郎を見ながらご飯を食べた。
タピがいった。

「親もこんなに心配してくれてたんだね〜」

子供を産んだだけでわかった気でいた親の気持ち。
まだまだわかってないことはいっぱいあるようです。
[PR]
by de_hond | 2011-11-26 23:11 | 青十郎
初熱
f0121120_048467.jpg


先週末、静岡の掛川へ行った。青十郎のおじいさんが風邪をひいていた。
声がガラガラだった。
そしたら、一昨日あたりからタピもガラガラしてきた。
私も一緒にだるくなってみた。15分昼寝したら、だるくなくなった。

そしたら、昨日あたりから青十郎の様子が少しいつもと違った。
ちょっと咳っぽいものをしたり、体にいつもより多く赤いてんてんができてた。

今日はプールの予定だったが、少し青十郎が熱い気がして、熱をはかると38.7度。
おおーこりゃ高い!?
急いでお医者へ。
しかし車の免許がない私は学校にいるタピに頼み、車で送ってもらう始末。

結局青十郎の赤いてんてんは、アトピーでもなくじんましんでもなく。もしかしたら水ぼうそうかもしれないけれど、虫さされかもしれないから家の布団を干せと。
もっと頑張って掃除しなくては。
そしてそれとは別に風邪をひいてるのかもしれない。

青十郎は初めて薬をもらった。あのキャラクターが描いてある透明の容器に色の液体が入ったもの3種類と粉薬。あまりひどい症状ではないので薬を使うのは気が引けるがひとまず使ってみた。スポイトで飲ませるあま〜い薬を、口をぎゅっと結んで首をふって嫌がる青十郎が可愛すぎて、最初は強引に口に入れてたが、しばらく嫌がる様子を笑いながら眺めてしまった。

お〜人間らしくなってきた。

手を押さえても泣かず、ただただ首を左右にふりつづけ嫌がる。
おしゃぶりで誘惑し口を開けさせ、スポイトを突っ込むと、今度はおしゃぶりでも口をぎゅっと結んで嫌だ嫌だとやるようになってしまった。私はトラウマを制作してしまったのか?

赤ちゃんだけ、この世で仮面をかぶっていない人間だと思った今日だった。
青十郎の仮面もうっすら出来はじめてきたのか。

A person (plural: persons or people; from Latin: persona, meaning "mask")
[PR]
by de_hond | 2011-11-25 01:00 | 青十郎
パタパタパタと舞い降りた
f0121120_0384126.jpg


待っていた痛さだから、嬉しいんだけど、気を失いそうになるくらい痛い。
さっきまで、ちびまるこちゃんの4コマ漫画に爆笑しながら、ツイッターにつぶやいてたりしたのに。
9時に陣痛促進剤の点滴が始まり、10時10分。

ボコっ

と音がしたのと、同時に、お股の間から、何かよくわからないモノが出た感覚がした。

ん?

こんな感覚は生まれてはじめてかもしれない。
念のためナースコールを押す。助産師の鈴木さんが、私のいる陣痛室に来た時には、たしか結構強い痛みがきていた。だから、少し投げやりな感じで

「なんか、お股から何かでたみたいですけど、何かよくわかりません」

と、私は言い

「おしっこかな?念のため、破水の検査してくるから、パンツ脱がすね」

と鈴木さんは、とても落ち着いた感じで私のパンツを持ち、ナースステーションに戻っていた。
少し経って、小走りで戻ってきた鈴木さんは、私に破水したことを告げた。

おおお、ついに破水。これが破水。ほう。もうあの瞬間がついにやってくるのだなぁ、
などと感慨深くなっている暇がないくらいの感覚ですごい痛さがもう何も考えられなくさせる。連絡しなければと、さっきまで余裕でつぶやきを打っていたケータイで、ママにメールで

『はすい
うまれる』

旦那タピには電話で、

『もう今破水したから
今すぐきて』

と5秒くらいの今までで一番短いんではないかと思われる電話をする。
その30分後くらいにタピが到着する。激痛で意識が朦朧としながら、今タピが来てくれれば、この痛さにも耐えられるということばかり考えていて、陣痛室にノックの音がしたときは、すごく嬉しかった。しかし、私はちょうど内診を受けている最中だったので(ベッドの上で赤ちゃんの出る穴にお医者さんが手を入れて、赤ちゃんの頭がどこら辺まで降りてきてるか確認したりするのです)、タピは外で待たされている。別に私は見られてもいいのに、それより早く近くにきてほしいと思うが、まあ見る方も見たくない物だってあるのだろう(笑)

この後の陣痛室での記憶は、私の視点とタピの記憶では少し違うものなことにあとで気が付く。
私は、この「陣痛」という名の痛さを待ちに待っていたのに、もう早くどっかにいってほしいという、とても矛盾している自分の気持ちに苦笑しながら、とにかく必要な痛さだから耐えるしか無いと、陣痛室にかかっているピングーの時計を薄目で見ながら、頭を左右にふり〜ふり〜とゆっくりふっているつもりだった。しかし、実際には死んでしまうのではないかという叫び声をあげながら、(私はいきまないように力を抜くために声を出していただけなのだけど)狂ったように超高速で頭を振っていたそうです。後日タピ談より。。。

そして、なんとビックリ破水=陣痛開始から2時間半で、無事?無事?無事なんだけど、分娩て無事って言葉が似合わない。でも、大したトラブルもなく、我が第一子、青十郎(せいじゅうろう)が誕生いたしました。


さてさて、この記事。
なんどもなんどもちょろちょろ書きためて、今日こそはUPするつもりでいます。といっていつもなかなかできないんだけどね。
あと、一週間でやっと&もう青十郎は生後3ヶ月をむかえます。といいつつ昨日三ヶ月を迎えちゃいました。
出産までは、産む事で頭いっぱいで、産まれてからの事なんて心もカタチも準備しなさすぎていたと、産んでから2日ぐらいして気が付いた。子育てが、ここまでとは。

2、3時間おきの授乳。

書いたら一言のこの行為が、ここまで奥深く、分娩と一緒で十人十色。
お昼の12時半に産まれた青十郎には、その日の夜に初めての授乳をした。といっても、一滴もお乳からミルクを飲んでいないし、乳首さえしっかりくわえてもいない。これを果たして授乳というのか!?
授乳の第一印象はとっても大切にした方がいい!と大きな声でこれから出産する方々にいいたい。
私の場合、他の妊婦さんの出産と重なり、少ない人数でまわしている夜間だったので、助産師さんもなんだか焦っており、私もまったく知識がなく&おっぱいが爆発的に大きく、普通の体勢での飲ませ方がかなり無理があり、泣き叫んで嫌がる青十郎に、無理矢理くわえにくそうな乳首を口につっこむという・・・。後々、この第一印象を恨む程後悔する。というのも、その後も私のお乳は一滴もでないのに、2・3時間おきに授乳をする。出ないまま時間が過ぎると、赤ちゃんがお腹をすかせすぎるので、人口の粉ミルクを与えないといけない。だけど、これが多過ぎても少な過ぎてもいけない。まず多過ぎると、そっちで満足してお乳をすわなくなってしまう。そして少な過ぎると、もちろん栄養がたりないのだけど、黄疸といって、体中や目が黄色みがかってきて、白いうんちが出てきてしまい、日焼けサロンみたいな光に赤ちゃんがあたらないといけないことになってしまう。なので、慣れない出ないくわえない授乳時間に耐えながら、ミルクの塩梅も考えないといけない。もちろん助産師さんたちがサポートしてくれるのだが、これがみんな言う事が違う。その違いがいい時と、そうでない時があり、なんだか少し精神的にも辛くなってくる。産後2、3日目がピークに心身共に辛かった。産むときより辛かった気がする。たぶんそれは産むときは激痛過ぎて記憶が定かではないというのと、『産んだ』という達成感があり、満足をしたのだろうが、授乳はそうもいかない。

カンボ

という言葉がある。正確には完母とかく。
これは完全母乳育児の略語で、一般的には赤ちゃんを産んだ母たちは完母で赤ちゃんを育てられるのが最高だということになっていて、それを目指す。
お乳の出具合は人それぞれで、産む前から出始めてて、産後一週間くらいで軌道に乗る人もいれば、私のようになかなか出ない人も、まあまあいるようである。その場合、『混合』といって、ミルクと母乳、両方のでの育児ということになる。しかし、私は混合の比率の差がありすぎだろってぐらいお乳が出ない。産後5日目くらいでやっと片方のお乳から1滴でた。だけども、母子ともにうまく授乳できていないので、乳首はぼろぼろでピンク色のお乳=血まじりのお乳なのである。これでは飲ませられない&ひりひりずっと痛いのである。そこで、この痛さをどうにかするには馬油(ばあゆ)という、字そのままだが馬からとれた油をぬるといいと、タピ旦那に早速買ってきてもらう。これがまた冷蔵庫に冷やした馬油を塗ると、また格別に気持ちがいいのだ。馬油のお陰で、少し具合がよくなり、青十郎もうまくくわえられるようになってきた。それもラグビー抱き=横抱きという体勢での授乳の仕方が、私たちには合っているようで、退院してからも、本当に一日一歩だが、完母にむかって歩み始めた。最初2mlしか出なかったお乳も、両方合わせてやっと10mlでるようになった。母乳育児の本を買ったり、母乳育児に向いている哺乳瓶を買ったり、おっぱいをマッサージしたり、注射器の様な感じの注入器を買い、母乳をやっている間にミルクをたそうとしたり(ミルクをたす、という言い方をする母乳育児世界。それはおそらく母乳が主であり、たりない分を粉ミルクで足すという表現から生まれた言葉なのだろう。

そしてどうやって自分のお乳から出ているミルクの量を知るかというと、病院にいる時は赤ちゃんの体重を計ってから、お乳をやり、そしてまた計る。すると、赤ちゃんの体重が飲んだだけ増えているという仕組み。
おおお、これは2009年に制作した私の作品の基のアイデアに似ている!!と青十郎の生活を見ながら、よく思う。というのは、私が太ればこの宇宙は小さくなり、私が痩せればこの宇宙が少し広くなるという考えから始まり、いやしかし待てよ。そうすると食べものの存在はどうなるのか?食べられるはずだったが食べなかったたべものの存在がまだ宇宙の広さをプラマイ0にしてるのでは?いやいや、食べても尿&便として出てくるのだから、実は何にも変わってないのでは?

と、読んでいる人は私が一体何を言ってるのかよくわかんないと思いますが。
とにかく、

青十郎が私の体から出てきて、
日々ミルクを飲み大きくなっていく。
今じゃ体重は生まれたときの倍の6キロ。身長は15センチ以上伸びた。
旦那タピは赤ちゃんが泣くのは、成長痛のせいだろうと面白いけど、もっともらしいことを言っている。
地球に生物がまだあんまりいなかった時の事を思うとやはり宇宙は日々小さくなっているのだろうか?
どうなんだろう。

ってなんだこの久々の日記(笑)
f0121120_2129103.jpg

閉めは「青十郎ベビザラスでお気に入りのお友達をみつける」の写真
[PR]
by de_hond | 2011-05-25 01:22 | 青十郎


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ
たべられる文章
Bamboo Shoot...
えるだま・・・世界の国から
spazieren
signif
JAM SESSION WEB
読んでみて
Murmuration
日 日 食 房
気は若くても
LOOTONE
HOUKO
オランダでわたしがみたもの

links

カテゴリ
全体
Holland
Sarajevo
Art
Japan
Trip
Germany
food
Life
映画
WdKA
Rotterdam
ヒマジン
goed dag
EIGO
ORANDAGO
Ossのおうち
お願い
family
dance
link
俳句
お知らせ
artwork by Sae
妊娠生活
cooking
マイブーム
青十郎
つくばライフ

原発・放射能
友人
大阪ライフ
お宅訪問
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧