日々の事
by de_hond
カテゴリ:EIGO( 1 )
ウェブ上、翻訳サイトでの伝言ゲーム
研究とは自分の考えを述べるものであるはずである。しかも、印刷して他人に読ませる論文である以上、述べられている筆者の考えが、それ以前にあった他人の研究とは対立し、それらを批判し、それにまさっている点を明らかにしていなければならない。つまり、まさにその筆者でなければ考えられなかったことを読者に伝えるための論文なのである。論文とは、ある問題について、今までの学会での研究成果ではなぜいけないのか、自分はそれに代わって何を明らかにするのかを明瞭に書いたものでなければならない。

Research is the expectation which is something which express your own thought. Furthermore, printing, above being the dissertation which you have others read, thought of the writer who is expressed is opposed, research of others who are before that those are criticized and the point where it surpasses to that must be made clear. In other words, if just it was not that writer, it is dissertation in order to convey the fact that you could not think to the reader. Dissertation, concerning a certain problem, whether with the research result at present academic society why without being good, by your you must be something which is written whether what is made clear in place of that clearly.

研究は何かの予想であるあなた自身の思考を表現する。なお、あなたが読んで他の人々をもらう論文であることの上の印刷は、反対される、前に人々は批判されるポイントことである他の人の研究明らかに作られなければならないかそれに越えるところで表現される作家について、考え。すなわち、ちょうどその作家でなかったら、それは論文読者に考えることができなかったという事実を運ぶためにである。あなたのによってよい、なしにはっきり明らかになされる何がそれの代わりにかどうか書かれている何かでなければなぜならないか論文、ある特定の問題に関して、かどうか研究結果の現在学術の社会と。

As for research your yourself thought which is some expectation is expressed. Furthermore, you reading, printing with respect to the thing which is the dissertation which receives the other people is opposed, research of the other person who is the point thing where the people are criticized before you must be made clearly, being about to exceed to that, concerning the writer who is expressed, thought whether. Namely, when exactly it is not the writer, that is in order to carry the fact that it could not think in the dissertation reader. Although you it is possible to depend, whether or not something which dying clearly you can do clearly if it is not something which in that substituting is written, because whether it is not, whether or not presently of the research result in regard to the problem of dissertation and a certain specification, society of science.

あなたのとして研究あなた自身のためにあるかどれが考えた予想は表現される。なお、読書、他の人々を受け取る論文である事に関する印刷、はっきり作られなければならない前に人々が批判されるポイント事である他の人の研究考えた表現される作家に関してそれに、超過することを反対され、かどうか約ある。即ち、丁度のは論文の読者で考えることができなかったという事実を運ぶためである作家ではない時。それ依存して可能であるが論文の問題に関する研究結果ではないかどうか代わりになるそれに書かれる何かでなければはっきり死ぬことがはっきりすることができる何か、ので、かどうか現在およびある特定の指定、科学の社会かどうか。

The expectation which either one thought whether it is your yourself because of research, as you is expressed. Furthermore, printing regarding being the dissertation which receives book-reading and the other people, you must clearly be made, before, to that, exceeding it is opposed in regard to the writer whom research of the other person who is the point thing where the people are criticized you thought and is expressed, whether or not approximately is. Namely, exactly as for, it could not think with the reader of dissertation, when being the writer who is in order to carry the fact that. That depending it is possible, but whether or not whether or not it is not the research result regarding the problem of dissertation if it is not something which is written on that it becomes substituting, something which can be clear that it is clear, because, whether or not presently and society of appointment and science of the specification which is.

表現されるように、研究のためにあなたのあなた自身であるかどうかどちらかの1つが考えた予想。なお、それに、それを超過することがおよそあるかどうか、人々が思考批判され、表現されるポイント事である他の人の研究作家に関して反対される前に、本読書および他の人々を受け取る論文、であることに関する印刷はっきり作られなければならない。即ち、丁度に関しては、それは論文の読者と事実を運ぶためそれである作家である考えることができないとき。依存するそれはそれ、かどうか現在任命の社会およびある指定の科学のでそれは明確であることなければそれが論文の問題に関する研究結果ではないかどうか可能、それで書かれている何かはそれ代わりになっているようになるかどうか、明確の場合もある何かであるが。

As expressed, whether or not for researching he is your you yourself, the expectation which either one thought. Furthermore, whether or not to that, approximately there are times when it exceeds that, the people are thought are criticized and before being opposed in regard to the research writer of the other person who is the point thing which is expressed, the dissertation which receives this book-reading and the other people, printing regarding being you must clearly be made. Namely, that in order to carry the reader of dissertation and fact, is the writer who that is in regard to exactly, and when being possible to think. Because that it depends that, whether or not presently society of appointment and the designated science which is if being clear it is not that, whether or not it is not the research result that regarding the problem of dissertation whether or not possibility, something which is written with that reaches the point where it becomes that substituting, when it is clear, it is something which is, but.

研究が彼のためにあなたのあなた自身であるかどうか表現される、予想どちらかの1つの思考。それへの、およそ、人々は表現されるポイント事である他の人ことをの研究の作家に関して反対される前に批判される考えられること超過する時があるかどうかなお、この本読書および他の人々を受け取る論文は、であることに関する印刷はっきり作られなければなり。即ち、それは論文および事実の読者を運ぶために、考えること可能があった場合人が丁度に関してである、作家であり。それはそれことのは論文の問題に関する研究結果かどうか可能性ではないかどうか、かどうか現在任命の社会および明確であることがそれと書かれている何かはそれは明確なとき代わりになることにそれはなるポイントに、達することでなければそれである指名科学依存するので、ある、しかしである何か。

Whether or not research because of that is your you yourself, it is expressed, expectation either one thought. When, approximately, people the other human thing which is the point thing which is expressed before being opposed in regard to the writer of research, being criticized to that and being thought exceeding, it is or, how kana, the dissertation which receives this main book-reading and the other people becomes, if printing regarding being it is not clearly made. Namely, that when in order to carry the reader of dissertation and fact, the thing possibility which is thought it is the person is in regard to exactly, it is the writer. Whether or not as for that as for that thing the research result regarding the problem of dissertation whether or not it is not possibility, if whether or not presently society of appointment or the fact that being clear that as for something which is written as for that when being clear, does not mean reaches to the point where that means to become substituting, because the designation science which that is it depends, what which is, but is?

研究はこのような理由であなたのあなた自身であるかどうか、予想どちらかの1つの思考表現される。、およそ、人々が研究の作家に関して反対される前にkanaが、それであることに関する印刷がはっきりなされなければこの主要な本読書をおよび受け取る論文他の人々いかになるか表現されるポイント事である他の人間の事、そのに批判されてそしてで考えられた超過のそれまたはある時。即ち論文および事実の読者を運ぶため、それ考えられる事の可能性が人のとき、それは丁度に関して、それである作家ある。その事に関してはそれに関しては論文の問題に関する研究結果それ可能性ではないかどうか、かどうか現在任命の社会かただそれだけ左右される指定科学が、あるが、ある何ので、明確であるそれに関してはその代わりになっているようになることを意味するポイントに、意味しない範囲を書かれていた場合何かに関しては明確がことある事実かどうかか。

Whether or not research in this kind of reason is your you yourself, expectation either one it is thought is expressed. If, approximately, the people before being opposed in regard to the writer of research, kana, you cannot do printing regarding that being clearly, thing of the other human who is the point thing which is expressed, being criticized by that, and that of the excess which was thought the dissertation other people who this principal this book-reading and are received how it becomes, or at the time of a certain. Namely in order to carry the reader of dissertation and fact, that when possibility of the thing which is thought is the person, as for that in regard to exactly, there is a writer who that is. In regard to the whether or not it is not that possibility of the research result regarding the problem of dissertation in regard to that, whether or not presently society of appointment there is a designated science which just that is influenced simply, but whether or not because what which is, in regard to that it is clear to however when in the point which means the fact that it reaches the point where it has become, you have written the range where it does not mean the fact where clearness is a thing in regard to something?

この種類の理由の研究はあなたのあなた自身であるかどうか、予想はどちらかそれが考えられる1つ表現される。はっきりあるそれに関する印刷をすることができなければ、およそ、研究、kana、の作家に関して反対される前の人々が表現されるポイント事である他の人間の事、論文をいかになるかこの校長がこの本読書そして受け取られる他の人々考えられた超過分の、または確かのの時のそれおよびそれによって批判される。丁度に関して即ち考えられる事の可能性が人である時論文および事実の読者を、それに関してはそれ、運ぶため、人がの作家がある。に関してなったポイントに達するという事実を意味するポイントに、清らかさが何かに関して事である事実を意味しない範囲を書いたらそれがしかしに明確であるあるそれに関して何それがそれに関して論文の問題を見なす研究結果のその可能性ではないかどうかかどうか現在そこの任命の社会はちょうどそれ単に影響を及ぼされるある指名科学、かどうかのでであるがか。

Whether or not research of the reason of this type is your you yourself, expectation as for one where you can think that which it is expressed. If it is not possible to do printing regarding that clearly it is before being opposed approximately, research and kana, in regard to the writer, thing of the other human who is the point thing where the people are expressed, the other people where this principal this main book-reading and is received dissertation when the excess amount which was thought how it becomes, or is certain, it is criticized with that and that. To exactly in regard namely when possibility of the thing which is thought being the person the reader of dissertation and fact, in regard to that, in order to carry, the person is a writer. The range which does not mean the fact which when is thing clearly and others the umbrella in regard to something is written on the point which means the fact that it reaches to the point which becomes to in regard, only that to die, it is clear, whether or not some that it is not the possibility of the research result which considers the problem of dissertation in regard to that, in regard to that it is whether or not because presently society of the appointment over there exactly that a certain designation science which simply is exerted influence, whether or not, is, but?

このタイプの理由の研究はあなたのあなた自身であるかどうか、表現される考えることができるところ1つに関しては予想。によっておよそ反対される前にはっきりあるそれに関する印刷をすればことは可能でなければ、いかになるか考えられた超過量は、または確かなとき人々が表現されるポイント事の他の人間の作家、事、他の人々に関する研究そしてkanaは、この校長この主要な本読書および受け取られた論文である、それおよびそれと批判される。 丁度に点で即ち運ぶために考えられる読者事の可能性が人論文および事実の、そのに関して、である人作家である場合の。事および他がはっきりある場合のそれはそれに関して論文の問題を考慮する研究結果の可能性ではないことそれに関していくつか、それがかどうかので現在出された影響単にであるある特定の指定科学が、かどうか、である、しかしである任命の社会向こうに丁度かどうかそれ死ぬために、それ明確がある、点でになるポイントに達する事実を意味するポイントで何かに関する傘書かれている事実を意味しない範囲、か。

オリジナル文: 宇佐美 寛「論理的思考」
[PR]
by de_hond | 2009-12-07 07:54 | EIGO


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ
たべられる文章
Bamboo Shoot...
えるだま・・・世界の国から
spazieren
signif
JAM SESSION WEB
読んでみて
Murmuration
日 日 食 房
気は若くても
LOOTONE
HOUKO
オランダでわたしがみたもの

links

カテゴリ
全体
Holland
Sarajevo
Art
Japan
Trip
Germany
food
Life
映画
WdKA
Rotterdam
ヒマジン
goed dag
EIGO
ORANDAGO
Ossのおうち
お願い
family
dance
link
俳句
お知らせ
artwork by Sae
妊娠生活
cooking
マイブーム
青十郎
つくばライフ

原発・放射能
友人
大阪ライフ
お宅訪問
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧