日々の事
by de_hond
盛況・掃除・戦争・病院・泥棒・帰る・盛況・ダンス・つかれぴーく
f0121120_843317.jpg

さてさてこんばんわ、わんわんっす。
ねーみんなちょっと聞いてくださいな。わんわんここ数日、すごかったです、色んな意味で。

まずオープニング。色んないざこざがありながらも、無事素敵なオープニングパーティでした。かなり沢山の人が訪れてくれて、ジギーがNYに旅立ちいないのは、へっちゃらだったのですが、サプライズでジギーママとおばあちゃんが、車でわざわざ2時間もかけて着てくれた時には、今までの緊張がぐあーと取れて、なんだか泣いてしまいました。でも最近泣き止みがすぐ止まるようで、あとは頑張って来てくれた人々と会話、かいわ〜。
私の作品は、今回4つありまして、
1つがcreating perceptionというfilm。

2つめが私自身。展覧会のテーマが生息地なので、そのまま展示場に生息しております。もちろん朝から晩まで、そして美術館で寝ています。今日は色々あっておうちですが。その色々は今から書きます。うー長くなるな。

3つめがa person for a person

4つめが自画像です。この自画像を展示しているのにはわけがあります。

実は今回、私頑張りました。IKEAにいきなり行き、これこれこういう者でこういう事していて・・・と話をし、作品をプレゼンし、今回の展示にどうか家具を貸してくれないか?という協力を頼みに行ったのです。まさか、そう簡単にはと思っていましたが、それもそうで、最初は駄目っぽかったのです、私が2回通いつめ、イメージ付きのプレゼンを用意して行ったら、かなり気に入ってくれ、なんと展示中無料でいっぱい家具を貸してくれたのです!!しかも宣伝はしないでいいと。。。逆にYou Tubeに載せないでくれと。(笑、公共と個人ということをテーマに作っていた作品だったので、私の個人のwebsiteはいいけれど、Youtubeは公共になるのか〜と改めて思い知らされました)まあとにかく、それで今回の展示のマネージメントのB氏に車を手配してもらい、それをZiggyに運転してもらい(これがちょ〜古いトラックで、ジギーひやひやでした)かなり素晴らしいインスタレーションを作る事に成功しました!我ながら自分を褒めたいです。うほ◎

と、それで。みなさんにはベッドに座ってもらい、creating perceptionを見てもらうという事で、普通展示では映像をループっていうのが一般的な所、今回は私の部屋(美術館)に訪問してもらっているので、いちいち私に映像みせてと言わないと、再生しないという一種のパフォーマンスをしているわけで、自画像を私とは誰かとわからすためにおいているわけであります。
f0121120_844491.jpg

まあ作品の説明はここらへんにして。。。今回の日記のタイトル。今ここまで書いたのは、ほんの序章で、盛況というところまでです。
さて、掃除と戦争と病院は繋がりがあります。
実はこの展覧会、なぜ私が参加できたのかというと、お誘いを受けたからです。その誘ってくれたのが、G氏(うちの学校の留学生で、キプロス人でUKで勉強しております)で、B氏(同じ学年の顔がひろ〜いオランダ人)が私をG氏に紹介してくれたのです。G氏はオーガナイザーでB氏はマネージャということで、その他私含め5人のアーティスト(G氏もアーティストとして参加)で今回の生息地展は構成されています。そのうちの3人はフランス人2、とチリ人1、でオランダ外からわざわざ来ています。あとはうちの学校の留学生のイラストレーターのギリシャ人1、とスペイン人1です。あ、そして私に日本人1。
ところが問題がですね、G氏。最初はわからなかったのですが、かなりのコントロール人間。私が、メーリスを作れば?もっと色々話し合わなくて大丈夫?とか心配してメールを送るたびに「きみはそんな事心配せず、自分の作品に集中すべきだ」と人のアドバイス、まったく聞かないのです。それでも折れなかった私は、日にちなどの基本的連絡やプロジェクターを自分で借りろとずっと前から確認をしていたのに、返事が無く、ある日突然いきなり自分で探して&僕もいるからあったら頂戴、と言われたりしたので、少し強く出た所、返事のメールの文字が全部大文字で着たのです。そして、まあようするに黙れと。うひゃーこわい。これは叫ばれてものをいわれているのと同じ事。最初はあったまきて、電話で言い換えそうかと思いましたが、ジギーママがこういうバカに本気で相手にするのは時間など色々の無駄だから頭よく対処しろとアドバイスしてくれたので、言い過ぎた私が悪かったと謝ったのです。この時にもっと戦っておけば、あんな事にならなくてすんだのかもしれませんが、ちょっといいざまです。
って何が起こったか気になりますか?
うふふふふ。
実はそのあと、B氏が本来ならばG氏がやるべき仕事を全部やってくれ、G氏ってマリファナ吸ってるだけで、何やってんの?ってみんなG氏に対し、信頼を薄れさせて行きました。一方B氏は時間、体力、お金とすべて使える物を使い切り、私たちアーティスト支えてくれたのに、フライヤーからポスターから、名前がまったく載っていないのです。それもこれもG氏とその彼女C氏(今回のデザイナー)のぼけミス。一回死になさいって感じぐらいですよ。だから私はみんなでちゃんとチャックとかしろって言ってたのに、人の話を聞かないのが悪い。そして、美術館前の公共の石のベンチを黄緑に塗ったデザイナーC氏は警察に見つかり、この展示の代表者としてB氏を警察に。。。なんて頭のくるった人々ですか、このあほカップル。おいしい所どりとはこういうことで、G氏は今回の展示をオーガナイザーしたとして、学校のファイナルにしようとしているのです。ありえない。この展示をオーガナイズしたのは誰が見てもB氏なのに、記録物としてはG氏になるのです。

まあ、おわかりのとおり、B氏は相当なストレス爆弾を抱え、初日を迎え、夜は他のやつらとは飲みたくないと、私と我が親友すみれちゃんと飲みにいったのです。飲んだかのチョコミルクですが。。。そこで、お互いにG氏に対しての、怒りを愚痴りあいました。「Bはえらいな〜。私があなたなら、Gに死ね〜このうんこーって叫んでるよ、とっくに」といったのが、いけなかったのでしょうか。。。次の日、美術館に泊まった私(パフォーマンス)とすみれちゃん(私のPCを使いたかった)とB氏(なぜ?)。朝すみれちゃんと近くの港で優雅に朝ご飯を食べ、私は散歩しながら美術館へ、すみれちゃんは学校へ行きました。美術館に戻ったのが、12時。展示のオープンは12時。。。なのに、誰も来てないし、美術館に泊まっているフランスチリB管理人、他友達彼女等々、だーんれも起きて無く、私閉め出し。ピンポンを五連打し、やっとB氏
ドアを開ける。また寝始める。私、ありえなくらい汚い美術館(前日のオープニングパーティのため)の掃除をはじめる。フランス人2起床。私の手伝いを始める。B氏起床。仲間に加わる。フランス人2チリ、掃除を中断し、コーヒー飲みに行く。私は断る。一時間半後、彼ら戻る。ちょーっち遅くないか、それ。でも掃除が楽しかった私は気にしない。しかし訪問者はちょろちょろ訪れ始めた。

私がサラエボプロジェクトの時からの友達、オランダ人ウィレムが来てくれて作品について話していると。。。

どっかーんんんんんんん!

爆発が起こりました。
あーあーあー。ついにB氏キレました。フランス2とチリは謝罪も感謝の言葉も無く、堂々と帰って来て、B氏ブチ切れ。そう、それもこれもタイミングが悪過ぎる。彼らが帰ってくる前に、なかなかあらわれないG氏にしびれをきらして、B氏電話。G氏出る。「あ、起きてるよー。でも自分の部屋の掃除してたよ、2日も帰ってなかったからね」
はい、スカイにも程があるよ。あなたはSKYじゃなく神です、ある意味。なのでB氏は電話でその前にブチ切れです。そこへ、フランスチリが登場な物ですから、彼らへのちょっとした怒りと、Gへの怒りで、大爆発。私はウィレムと楽しく会話してたのに、机がむこうの方で飛んでいます、そしてB氏が柱蹴っています。人は殴ってないですが、ものすごーく恐ろしい。ウィレムも止めに入ろうとしてくれましたが、B氏は外に走っていっていましました。そしてチリが私たちのところにきて、B氏が狂ったと言い始めました。「なんで僕が掃除しないといけないんだ。僕はアーティストで、掃除をしにきたのではない。それは他の人がやるべきだ。それに僕のスペースは汚くないじゃないか!」犬「いや、私今朝全部掃除したの」ウィレム「君にこんなこというのは悲しいけど、きみの言った事完璧に間違ってるよ。もし、掃除したくないなら、誰かにお金払いないよ。それで掃除してもらいな」チリ「そんなことはオーガナイザーがやる事だ」犬「そういう事は有名になってからいえば?あなた間違ってるよ。もちろんB氏も怒り過ぎだけど、あなたおかしい。」

そしてフランス2もB氏にキレていましたが、私が今までのGとの事を説明し、どれだけ大きなストレス爆弾をBがかかえていたかを説明。そして、私のコントロールでみなの怒りの矛先をG氏に集中攻撃!ゆけ〜!
3時、そこへG氏スペインギリシャ登場。
フランスはG氏にキレる。お前は作品を今すぐ外し帰れ!と言い放つ。G氏は全く悪気なし。フランス、繊細なのかショック状態。そこに犬登場。

犬「今何時だと思ってるの?シエスタでもしてたの?」
G「誰が掃除するっていうスケジュールをきめたのさ?」
犬「あなたが決めるべきだし、そんなのなくても当たり前でしょ、来るのが」
G「Bが決めるべきだったんだ、僕は悪くない」
犬「・・・・・・」
G「へ?スケジュールはないんだ。だから何時に来ようが勝手だろう?」
犬「あんた何いってんの?自分が何言ってんのかわかってんの?毎日マリファナばっか吸って、なーんにも用意しないでさ。スケジュールスケジュールっておめーがメーリス作らせなかったんだろうが!で、どうやってコミュニケーションとるんだよ。てめ〜人の口を塞いどいて、今更ねぼけたこといってんじゃねーよ、このジャンキー。なにがファイナルのためのオーガナイザーだ。あんたの作品がいくらよくても、人間としての糞だよ。一回自分で自分が何したのか考えてきな。それから謝るなら謝れ」
G 「なにを考えろっていうんだ。もっと明確な質問をするならしろ」
犬「そんくらい自分で考えろ」
G「だから、何を考えろっていうんだ?は?ほらなんにも考える事なんて無いんだろう?いってみろよ?」
犬「・・・・」
犬「もう私あなたと一生話したくない。自分がどれだけ恥ずかしい人間なのかいい加減気がつきな」

というわけで、今思い出しても、震えが止まらないくらいむかつきますが、キレながらも、自分の英語力にびびる私(笑)
そこへ、タイミングわるくB氏が戻ってきて、そんな態度のGをみて、キレる。ほぼG氏に殴りそうになって、そこでも自分を抑え、鉄のゴミ箱を殴りまくる。Gに近づいていくのに、他の男どもは誰も止めようとしません。みなさんBに完全にびびっている模様。完全になにも悪くない私は、Bに抱きつく形で止め、二人で外に。。。
あーあ。これ手、やばいでしょ。手の甲の骨張った所の皮が剥け、紫色にはれ、血だらけ。近くのカフェバーで氷と水をもらい。とりあえず、座る。寒いのでコートをとりに美術館へ私は戻ると、みんなでGをせめせめ。
私はBのもとへ行き、介抱。フランスが来て、これは病院に行った方が良いという事で、B氏病院へ。
f0121120_844235.jpg

折れてました。
f0121120_844439.jpg

その後、Gに何をすればいいのだ、と聞かれ
犬「今、一番大事なのは展示を見に来る人でしょ」というと、みーんなに攻められたのが効いたのか、未だに「ごめん」の一言も無いですが、態度を徐々に改めていきます。
そして私は何事も無かったのように、訪問者と楽しく会話。心ははっきりいって疲れ果てました。みーんな男で、年上なのです。もうみんなうんこだす。今思うと、一回も間違った事してない私に、みんな謝るべきよー。なのにねーなのにさ〜、へんこんでいるフランス人を抱きしめ、なぐさめる。態度を改めようと私に仲良くしようとしたり、掃除や管理をしっかりしはじめたGを心広くうけとめ、そして自分のパフォーマンスをやる。一日中休む暇が30秒もなく、常に訪問者と話しをする。夜中は私の寝ている部屋にフランス人がきて、朝の5時までプロジェクターで映画をみる。半寝っすもう。今日も一日ほぼ何も食べる時間もなく、また会話な一日を過ごす。そこで、フランス人の作品が盗まれるという事件が発生。この辛い状況はサラエヴォで十分承知済みか、オランダに安心しすぎている、フランス人の呑気さにもちょっと呆れる。どこにいたって注意しなきゃだよ。そして、あと7日間も展示が残っているのに、残りの作品持って帰るとかいいだす。おいー。プロになってよ〜。そこに便乗してチリも帰るとかいいだす〜。私が「それはいくらなんでも無責任じゃない?これから来るお客さん、どうすんの?」というとチリ「僕はフランス人たちの悲しみを連帯責任とし分かち合い、一緒に帰る」というんです。あなた本当に間違ってる〜と思いつつ、私はもうそれ以上なにも言えませんでした。なんでみんなこんなバカなのだろう。あーあー。なんだかがっかりです。だーれも私の気持ちなんて考えやしない。そんなんで、すみれちゃんが夜ご飯を作ってもってきてくれた時には、彼女の前だけでは泣いてしまった。また5秒で泣き止んだけど。あんな男どもの前で泣くのは、絶対やだね。

このあほたんちんが〜。

それにしても、私の作品好評でなによりなんです。うほ!
そして、今晩は私の部屋(美術館)に友達が踊りに来てくれました。なんだか私のパフォーマンスいけてます!いえい。今度の水曜は、今日来てくれて知り合ったオランダ人カップルがディナーを持ってくるそうで、そしてまた他のダンサーが私の部屋に踊りに来ます。私の望み通り、何回も見に来てくれるリピーターも結構いて、本当に嬉しいです。残りも何があってもめげずに気合いをいれていきまっする!!

うおーーーー!

あ、でもこの色んな事のお陰でちょっと痩せれたかな?うへへっへー
f0121120_97421.jpg

[PR]
by de_hond | 2008-04-13 07:20 | Life
<< そんなんでも ツイニ! >>


以前の記事
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ
たべられる文章
Bamboo Shoot...
えるだま・・・世界の国から
spazieren
signif
JAM SESSION WEB
読んでみて
Murmuration
日 日 食 房
気は若くても
LOOTONE
HOUKO
オランダでわたしがみたもの

links

カテゴリ
全体
Holland
Sarajevo
Art
Japan
Trip
Germany
food
Life
映画
WdKA
Rotterdam
ヒマジン
goed dag
EIGO
ORANDAGO
Ossのおうち
お願い
family
dance
link
俳句
お知らせ
artwork by Sae
妊娠生活
cooking
マイブーム
青十郎
つくばライフ

原発・放射能
友人
大阪ライフ
お宅訪問
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧